農家の店 みのり
CONTENTS MENU
商品紹介ページへ
店舗案内ページへ
会社案内
募集要項ページへ
通信販売TOPページへ


HOME>会社案内

代表取締役社長
代表取締役
    郡司 健

社長ご挨拶

 「農」をテーマに専門性をとことん突き詰め、同時に総合的な提案ができるのが当社の最大の強みです。 土つくりから、タネ選び、資材の使い方、肥料の施し方、万が一作物が病気になった場合の薬の選び方や使い方。また農業機械の使い方、収穫時期の見分け方。そして最終的には美味しい食べ方まで。「農」に関わるあらゆる場面ごとに、さまざまな決断が必要とされます。従来から個人経営の専門店が多く、知識が細分化、分断化されてきたのが、歴史ある農業の世界的特徴でした。それを品揃えは言うまでもなく、幅広い専門知識を有する大型専門店にして、農業のあらゆる場面の問題点に総合的に提案できる、また農業のコンサルタントのいる店舗。それがまさしく、みのりの目指す「農家の店」のあり方です。
 農業を突き詰めると、広く食文化や環境問題についても考えざるを得ません。食の重要性、多様性そして食べ物を育む価値を見直す上で、もっと広くその価値を伝えたい。プロの生産者は言うに及ばず、「農」「食」に関心のある人々にも「つくる・育てるよろこび」「安心・安全なよろこび」「美味のよろこび」を、また、「農」「食」の尊さや大切さを提案していきたいというのが私たちの取り組みのベースです。
 平成4年に「農家のコンビニエンスストア」をキャッチフレーズに誕生した当社は現在栃木県、茨城県に10店舗の専門店を展開し、更に専門性を高め、3万点以上のアイテムを取りそろえております。たとえば野菜・花の種だけでも2,000種類以上と日本でも有数の規模、売上げを有します。また、肥料、農薬、農業資材についても県内のトップシェアを誇っております。「価格」だけでなく「価値」「機能」を販売すると同時に「よろこび」を提案したいという思いは広く支持をいただいております。
 平成14年にはスローフードを更に進化させ、「タネ・苗」から自分自身で育てるプロセス、それ自体を楽しもうという「超スローフード宣言」を展開してきました。農家の方に必要な資材を供給する事は言うまでもなく、広く一般に「つくる・育てるよろこび」「安心・安全なよろこび」「美味のよろこび」を提案していきます。過去数十年で農業が現在ほどないがしろにされている時代はありません。だからこそ大いなるビジネスチャンスともいえるわけです。今後ますます「農」「食」に対する関心が高まるなか当社に求められる役割も一層強まってきます。「農」「食」に情熱を持って取り組む私たちは、若い発想で活躍できるフィールドが無限に広がっていくことを確信しています。
超スローフード宣言
「農業」「園芸」に特化した企業スタイル
 平成4年創業の当社は、日本有数の規模・店舗数を誇る農業・園芸関連の大型専門店です。現在、栃木県内に7店舗、茨城県内に3店舗を展開。農業資材、農薬、肥料、種苗、農業機械などを扱い、総アイテム数は3万点以上。たとえば野菜、花のタネだけでも1000種類以上あり、プロ農家のみならず広く園芸家からも注目をいただいております。
 農業は人類の歴史。それゆえ、地域性・専門性が強く要求されます。関連商品を扱う業種は種苗店・園芸店・肥料店・農機具販売店・農薬店など多岐の分野にわたります。そのため個々の専門店は個人経営が多く、また取扱いアイテム、商品知識ともその分野のみに特化されてきたといえます。
 当社はそれら専門店ゆえの諸問題を捉え、「農」を核に専門性をとことん突き詰め、また統合してきました。農業に関するあらゆる場面で総合的な提案ができる、それがみのりの最大の強みです。

「超スローフード宣言」で「農」に関するよろこびを提案
photo01
 現在当社は、農業に関するノウハウをベースとして、「食文化」や「食育」にも取り組んでおります。無登録農薬、産地偽造、狂牛病、添加物など「食」に関する諸問題は枚挙にいとまがない状況ですが、専門店の立場から安心・安全な食の在り方を提案し2002年から「超スローフード宣言」を全社的に打ち出しました。
 タネや苗から育てた野菜が食卓に並び、その美味しさを家族みんなで味わい、楽しむ。「つくる、育てるよろこび」、「美味しいよろこび」そして「安心安全であるよろこび」。それこそ、まさにみのりの提案する「超スローフード」です。
 取り扱っている野菜苗は各店舗ごとに契約農家が栽培したものであり、ブランドや品種などもきめ細かく指定。店舗に並んだ新鮮な苗、それ自身が、安心安全、美味しさ、つくりやすさを追求した「厳選素材」だといえます。

「農業」そして「食」を考える方々と共に
photo02
 プロの農家・園芸家が集まる店舗だけに、従業員に要求される専門知識のレベルは高いものがあります。農業に特化した大型店であり、専門店である自覚を持ち、自ら専門性を高める努力を続けていきます。
 将来的には、ガーデンセンター、育苗センター、クラインガルテン(市民農園)などの展開も視野に入れ、またオンライン通販などにも取り組む考えです。
 農業を取り巻く環境が激変しつつある中で、日本の農業、そして私たち日本人の食文化に対してささやかながら提案をしつづける。そして農業のあらゆる問題に専門性と総合的な提案をできるトータルコンサルティングカンパニー。それがみのりの目指すものです。


会社概要
設立 平成4年2月20日
代表者 代表取締役 郡司 健
資本金 3300万円
事業内容 農業のプロを対象とした農家のコンビニエンスストアーとして農業資材・農薬・肥料・農機・土農工具などを販売する農業資材の大型専門店
従業員数 105名(正社員25名 契約社員80名)
沿革 平成 4年 2月 株式会社 みのり 創立
平成 4年 4月 西那須野に1号店を開店
平成 6年11月 決算期変更 11月決算
平成 7年 7月 南河内町に2号店を開店
平成 9年 2月 資本金3,000万に増資
平成10年 2月 真岡市に3号店開店
平成10年 3月 大田原市に4号店開店
平成10年 3月 氏家市に5号店開店
平成11年 8月 鹿沼市に6号店開店
平成13年 8月 茨城県協和町に7号店開店
平成14年 4月 市貝町に8号店開店
平成28年 4月 大平町に9号店開店
主要取引銀行 栃木銀行・商工中金・みずほ銀行・足利銀行
主要販売先 農家・一般消費者・栃木県、各市町村入札



トップページへ
サイトマップ
Copyright (C) 2004 MINORI Co.,Ltd. All Rights Reserved